製品技術行程紹介
神乾ホーム > 製品技術行程紹介 > 乾し椎茸加工工程

原料貯蔵

11月、12月、1月、2月:常温保管(15°C〜20°C)
3月-10月:低温保管(5°C)

 

サイズ分類選別

椎茸の直径サイズにより1.5-2cm、2.5-3cm、3-3.5cm、3.5-4cm、4-5cm、5-6cm、6cmupなどに分類する。

  • ・機械による分類・選別
  • ・人工による分類・選別
  • ・サイズの分類

グレード選別

人工によるグレード選別。椎茸の色目、厚さ、形により、A級厚、B級厚、A級薄、B級薄、格外に分類する。

機械熱風による再乾燥

日本製熱風乾燥機械。椎茸全製品の水分を12%以下に抑える。この基準に達していないものに対して再乾燥を行う。

 

機械製品

乾椎茸を椎茸スライスに加工する:幅1、2、3、4、5、7mm、長さ10、20、30、50、60mmupの細い棒状製品と5mm×5mm、7mm×7mm、10mm×10mmなどダイスカット製品がある。
生椎茸を薄片に加工する:椎茸スライス、1/4、1/8カット、梅形など。

  • ・人工による生スライス
  • ・機械蒸気による生スライスの乾燥
  • ・日本製スライサー

機械製品

機械製品

各担当者の選別済み原料をテストする

 

機械製品

 

機械製品

 

機械製品

 

機械製品

 

機械製品